データヘルス計画

■ データヘルス計画

厚生労働省が、全ての健康保険組合に対し、レセプト等のデータの分析、それに基づく加入者の健康保持増進のための事業計画として「データヘルス計画」の作成・公表、事業実施、評価等の取組を求めており、毎年当健保もポータブルサイトを通じて報告している。

■ 健康管理事業推進合同委員会

毎年7月に開催。全事業所の委員が集まり、保健事業推進に関する前年度評価、次年度計画を報告し、意見交換を図ることを目的とした委員会。

■ 健康白書

当健保が年に1回、1年前の健診結果とレセプト等を用いて、各事業所の健康状態を分析し、その結果を事業所ごとにレポートにまとめているものである。健康白書は、全事業所に配布し、保健事業推進のための各事業所と個別会議等を通じて、健康状態についての共通認識を持ち、両者が協力して改善するためのツールとして活用している。

■ 健康スコアリングレポート

厚生労働省が年に1回、1年前の健診結果を用いて(2020年度までは2年前の結果を基づいて作成していた)、各保険者の加入者の健康状態や予防・健康づくりに関する取り組み等を「見える化」することを目的に作成したものである。

このページの先頭へ
Copyright©2001-2007 ULVAC,Inc. All rights reserved.